パソコン初心者の若者は教室に通いましょう

subpage01

スマートフォンが大流行していますが、業務用のツールとしてはパソコンの方が今でも多く使われています。

最近の若者は最初からスマートフォンやタブレットを使い始めます。

幅広い分野の初心者のパソコンの情報を今すぐ確認できます。

ネットを閲覧したり、各種アプリで遊ぶだけならパソコンは不要になりました。
しかし大学でレポートを作成したり、卒業論文を執筆したり、企業で事務職として働くためにはパソコンスキルが依然として必須です。



最近増えてきているのが基本的なITスキルを持たない若者です。世代的に20代後半から40代前半の人々はパソコンからネットの世界に入ったため、基本的なITスキルを持っています。

そのため生活や仕事で特に不便さを感じません。一方でこれから卒業論文の執筆や就職活動を控えている若者が、ITの初心者だと正直なところ、かなり人生のハードルが上がってしまいます。
最近の大学や企業の現場ではITスキルが、ある種の常識的な素養として求められています。
スマートフォンやタブレットがあれば確かにネット利用には不便さを感じないでしょう。



しかし文書作成ソフトやクラウドサービスの使い方、表計算ソフトでの簿記業務やプレゼンテーションソフトのスキルなどがゼロだと苦労する事は必至です。


比較的自由な時間が確保しやすい大学生や高校生の間に苦手なスキルは補っておきましょう。幸いな事に今では若者でも気軽に通える初心者向けのパソコン教室があります。


初心者の学生でもみっちり教室に通えば短い時間で世間に通用するITスキルが体得出来るでしょう。